02/10/2020

Quitting Social Media

Quitting Social Media | ソーシャルメディアについて
You might already know if you're following my account, I've recently quit Instagram to focus on real life and things.
If you were following my account and are reading this, thank you for seeing my work, visiting my exhibitions, or purchasing original works. I love you!
I actually no longer have other social media accounts to update my stuff than this blog. So please subscribe to my newsletter if you want to stay updated on my future exhibition information and other news.

長らく活用してきたので、こちらでもお知らせ。
アーティスト兼プライベートアカウントとして使ってきたInstagramを先日退会しました。フォローしてくださっていた方達へはもしこちらをご覧でしたら、いつもありがとうございました。嬉しい言葉を下さったり実際に展示に来たり作品を購入してくださる方達もいらっしゃって、とてもエネルギーになっていました。

近況報告できるオンラインの場がこのブログのみになったので、告知がしやすいようニュースレターの登録フォームをつくりました。もし今後の展示や作品集を作ったときの告知メールをご希望の方はこちらからニュースレター登録していただけます。

Quitting Social Media | ソーシャルメディアについて
そして今回考えたことを記録までに。

やめようと思ったのはただ、長い目で健康的に生活して制作することを思うと、ソーシャルメディアに対する考えが以前よりも大きく変わったからでした。

中学生の頃からソーシャルメディアにすぐにアクセスできる環境があって、ネットリテラシーという言葉も知らずに使えるものは一通り日常的に使ってきましたが、いまでは私ももう大人だしメディア自体の影響力があまりに大きくなってしまって、最初の頃とは全く違う世界。Instagramだって私が始めた8,9年前と比べると仕様も利用者数も違うから、変わって当然のこと。気付けば私にとってニュースや大事なことまで最初に知る場になっていました。
それは便利で良い影響だけでないと特に今年はコロナやBLMを通して実感。自分のソーシャルメディアの使い方を真剣に見直すようになりました。VRの父と呼ばれているらしいジャロン・ラニアーはあるインタビューで「ソーシャルメディアの使用を止めるのは自分のためでも社会(自分の周り)のためでもある。特に若い世代のあなたがソーシャルメディアの世界を主に生きているなら、実世界をまずちゃんと生きて欲しい。だからひとまず最低半年間全てのアカウントを消して自分を知って。それからどうするか自分で決めて欲しい。」と話していたけれど、私のタイミング的にとても腑に落ちる言葉。

そもそもアーティストのマーケティングツールと割り切って、作品や告知の投稿のみにしたり自分で制限できればいいのです。それでも私の場合は、一度ページを開くと永遠と時間を消費したり、投稿するにしてもInstagramに載せて反応をもらうために絵を描いているような気分になったり、どうにも本末転倒に。勢いで余計なことも言ってしまうし。
デメリットの方が大きく感じてそれを善くできないなら、いっそやめた方が他のことに集中できて良い。活動を続けている限り見てくれる人はちゃんと見てくれている。と割りきってやめることにしました。

Quitting Social Media | ソーシャルメディアについて
Instagramを退会する前からソーシャルメディア自体をあまり触らなくなって、その期間からすでにぐっと生活も頭も穏やかになりました。ふと凄く良い作品を見つけたり何か投稿を見たりして癒される機会が減ったのは寂しいけれど、他人の日頃を知ったり影響をもらうことも、自分の内を出すことも、ほどほどがいい。実際に会う時の楽しみで良い。

ソーシャルメディアを通して私のことを知ってサポートしてくださってきた方達への気持ちは変わらないながら、今はこれがちょうど良いかなと前向きな気分です。

No comments:

Post a comment