07/05/2021

Film Diary III

Typical Amsterdam view from last summer
去年の夏、典型的なアムステルダムの風景


前々回の投稿から続けて登場してきたこちらのお兄さん。

私が21歳のとき初めて欧州一人旅していたときに訪れたオランダで出会って7年。

お互いの20代の大半一緒にいても、いまだに「こんな風に考えてたのか」と気付くことがある。人と暮らすって不思議やわ。

私はこれまで自分の大事な人たちに対して「幸せにしてるといいな」みたいな気持ちでいて、そのくらいが良いと思っていたけれど

それをいつか彼に言うと「幸せになって欲しい人がいるなら、願うんじゃなくてそうなってもらえるように君も努力するんだよ。」と返ってきた。

あとになって振り返るとおざなりだったなと思うような人間関係とかは、そういうところも足りなかったのかしら。と思う。

2020〜2021年最初までのフィルムは一旦これでおしまい。

03/05/2021

"Meet me in Montauk"

From the same film on my previous post
前回のフィルムから

Zandvoort aan zee is our favorite beach
We usually go there by train, walk around, see the sunset and eat pizza or something
海に行きたくなったらアムステルダムから電車に乗ってザントフォートへ
だいたい海辺散歩して夕日見ながらピザとか食べて帰る

A beautiful cover of Eternal Sunshine of the Spotless Mind (Jon Brion) by my friend, annie the clumsy
映画エターナル・サンシャインの主題歌カバー by お友だちのアニー
だいすき〜

14/04/2021

Living Abroad Diary

Finally developed my film which I had been taking since I moved to the Netherlands a year ago! These are a few of my favorite ones. 
オランダに引っ越してきてから1年間撮っていたフィルムをようやく現像した〜!お気に入りを少しアップ。

When we were waiting for the rain to stop under a tree 木の下で雨宿り中に

What we always do when we go to our favorite city Haarlem 私たちの好きな街ハーレム、お決まりの運河沿いランチ


Me this January, only went out of the house to be taken a photo in the snow 今年の1月、雪の中で写真撮る為だけに家から出てきた

Time flies. Last month was my one year anniversary of living in the Netherlands and in lockdown. No wonder why most of the 36 photos are of my boyfriend, me, and our neighborhood. From only going out for grocery shopping, a walk, and work, I even forgot how I used to makeup like everyday in Japan.

My first year living abroad was good and hard times. Sometimes I've thought about what Japanese former pro baseball player Ichiro Suzuki said at his retirement press conference a few years ago. He said something like, "By moving to the US from Japan, I became an immigrant. That has changed me and taught me to be more considerate and compassionate, which could only come through own experience. It's okay to feel like running away from difficult times, but I think it's important to face them when you have enough energy. Those experiences would support you in the future. "

Well, hopefully photos of my 2nd year here will be with more people and places! 

先月は私のオランダ生活1周年。ロックダウンも始まって1年が経つ。というわけで36枚ある写真のほとんどが、彼か私か家の近所。基本的に食料買出・散歩・仕事のための最低限の外出しかしない生活だから、日本では毎日のようにしていた化粧の仕方すらもいよいよ忘れてきた。

幸せなこと辛いこと色々あったけれど、こちらに来て時々思い出すのは、イチローの引退会見での「アメリカに来て外国人になったことで、人の心を慮ったり痛みを想像したり、今までなかった自分が現れた。これは本を読んだり、情報を取ることができたとしても、体験しないと自分の中からは生まれない。その体験は未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと今は思う。つらいこと、しんどいことから逃げたいというのは当然のことだけれど、でもエネルギーのある元気のあるときにそれに立ち向かう。それはすごく重要なことではないかと思う。というような言葉。

オランダ生活2年目の写真、もっといろんな人と場所が増えるといいな。